MENU

絨毯にこぼしてしまったワインのシミは落とせる?

こぼしてしまったしみ
こぼしてしまったワインのしみ
目次

絨毯にこぼしてしまったワインのシミは早めの対処が大切です。

ワインのシミ

ワインをこぼしてしまってどうしよう!

慌ててしまうことよくありますよね。こんな時どうしたらよいか?

応急処置をご紹介

ワインをこぼしてしまってすぐにするべき対処法

STEP
まずは、乾いたタオルを用意

とにかくタオルに、ワインをしみ込ませてください。

ゴシゴシと拭き取るのではなく、しみ込ませることがポイントです。

ゴシゴシ拭き取ろうとするとより、絨毯にしみこんでしまうので注意が必要です。

STEP
タオルを濡らしてください。

ぬれたタオルの水分でワインを薄めることが出来ます。

ポイントは、やり過ぎない、そしてすぐにまた乾いたタオルで拭きとることが大切です。

ぬれたタオルと乾いたタオルでしみ込ませる作業を何度か繰り返します。

注意:お湯や水を直接かけない!お湯や水の量が多いとシミが広がってしまう場合があります。

STEP
注意!洗剤は出来る限り使わない!

絨毯の素材にもよりますが、洗剤は出来る限り使わないのが鉄則です。

ウールや綿の絨毯や敷物は、洗剤の種類によっては色が抜けたり、黄変したりします。

どうしても、洗剤を使用したい場合は、中性洗剤を使用してください。

化学繊維のカーペットは、比較的洗剤を使用しても色が抜ける事が少ないです。

ワインのシミの落とし方まとめ

まとめ

こぼしてしまったワインのしみは、できる限り早めに拭き取る、
大切な絨毯の場合は、早めに専門のクリーニング店で水洗いをお願いすることが大切です。

今回は、ワインをこぼしてしまった時の応急処置をご紹介いたしました。

今後、洗剤を使用した方法もご紹介いたします。

絨毯クリーニングのお問い合わせ

和協クリンシン株式会社

〒206-0812東京都稲城市東長沼1439

TEL:042-377-7165

こぼしてしまったしみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次