MENU

履かなくなったズボン(パンツ)染めてみた

洋服を染める
目次

アップサイクル(ズボンを染める)

履かなくなったズボン(パンツ)皆さんもありませんか?

生地やサイズは自分にピッタリ!とても気に入っているのに、「色や柄が今のトレンドや、はやりにマッチしていなくて履けない」なんて悩み、ありませんか?

捨てるのはもったいない!

他人にあげるのも気が引ける!

メルカリに出すには、トレンドが!

そんな方は、試してみては!

今回は、迷彩柄のパンツを染めたいと思います。

迷彩柄のパンツ

ズボン(パンツ)を染める費用は意外と安い

履かなくなったズボン、染めるのに費用は?

意外とコストはかからないので、ダメもとでトライしてみては?

今回使用した、染め粉は、

染粉
染粉
  • メーカー名: 桂屋ファイングッズ
  • 色    : ネイビーブルー
  • 価格   : 573円(アマゾン)令和年3月現在

このひと箱で、Tシャツ3枚くらいは染められるので、お得かも!

染め方動画をご覧ください

染めるのに必要なもの

  • ゴム手袋(手が染まってしまうので必ず用意)
  • バケツ(染めるもの応じてサイズを変える)
  • お酢(色を止めるのに必要)
  • エプロン(洋服に飛びつかないように保護のため)
  • アームカバー
  • お湯(30度以上)
染め方説明書

基本的に家庭にあるものだけで大丈夫です。

染める手順

STEP
バケツを用意

染料20ℊをバケツにそそぎます。

熱湯500㎖を注ぎ入れ、染料とよく混ぜ合わせます。

STEP
染め液を作る

30度以上のお湯を7ℓ用意します。そこに、お酢100㎖を加えよくかき混ぜます。

STEP
ズボンを入れる

①と②を混ぜ合わせたバケツに、染めたいズボンを入れ、よくかき混ぜていきます。

まんべんなく、なんども良くかき混ぜていきます。

STEP
20分から30分漬け込む

よくかき混ぜたら、ズボンが染め液にしっかりとしたるように漬け込みます。

STEP
すすぐ

20~30分漬けた後、真水(常温の水)でしっかりとすすいでいきます。

色が出なくなるまで、2~3回水を変えすすいでいきます。

STEP
脱水、乾燥

洗濯機でしっかりと脱水して、陰干しで乾燥させてください。

STEP
完了!

BEFRE

染める前

AFTER

染めた後

     

注意するポイント!

  1. 染料を混ぜる際は、粉がなくなるまでしっかりと混ぜること!(粉が残っていると、染まり方にむらができます。)
  2. お湯の温度は、必ず30度以上にすること!(温度が低いと色が薄く染まってしまいます)
  3. まんべんなく、しっかりとズボンをかき混ぜること!(繊維にもよりますが、液体がしみこみ難いものもあります。
  4. 漬け込む時間は、臨機応変に!(20~30分と書きましたが、繊維や温度によっては、もう少し長くてよいかもしれません)
  5. すすぎはしっかりと!(その後の洗濯の際に、色が抜けて他の洗濯ものに染まってしまうかもしれないので注意!)
  6. 染める前に、必ず洋服のタグを確認すること!(繊維によって染まり方が違います。ものによっては染まらない繊維もあります。

タグを確認して、生地の繊維を必ず確認!

まとめ

今回は、絨毯のクリーニング店の目線で、一般の方が履かなくなったズボン染めるとどうなるか?

試してみました。履かなくなったズボンを処分するのに困ったら、染める選択も良いのでないでしょうか?

コストは、あまりかかりませんが、後片付けに手間がかかるので、ご家族に必ず承諾を得てからやりましょうね。

 尚、弊社は絨毯のクリーニングを専門としております。弊社では、洋服の染め直しは、行っておりませんのでご了承ください。

絨毯、カーペットのクリーニングに困ったら

和協クリンシン株式会社

〒206-0802 東京都稲城市東長沼1439

Tel:042-377-7165

ホームページ:https://wakyo-clean.com

アクセス
洋服を染める

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次